資産運用

資産運用初心者におすすめの「投資信託」って何?

はじめに

様々な金融商品がありますが、その中でも「投資信託」について今回紹介していきます。投資信託は資産運用をする上で有効な手段です。

ですが「投資信託」という言葉は聞いたことあるけどイメージはできないという方結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

ちなみに私は入行当時すぐには理解できませんでした…

しかし、ご安心ください!

私が銀行で取り扱っていたものは主にこの「投資信託」です!

そのためこの記事を読んでただければ「投資信託」とは何かが初心者の方でも理解できるように簡単に解説させていただきます!



「投資信託」とは

「投資信託」の良さを一言で言うならば、誰でも少ない金額から始められる事です。その理由を、「投資信託」とは何かを解説しながら説明します。

「投資信託」とは簡単に言うとで既に分散されている商品です。「分散投資」について以前動画で解説させていただきました。

▼「分散投資」について解説している動画はこちら

「分散投資」とは

「分散投資」とは通貨の分散、資産の分散、時間の分散が挙げられます。

通貨の分散は様々な通貨を持つこと。

資産の分散は資産自体を様々なもので持つこと。中身は通貨、株、債権、そして投資信託などです。

時間の分散は積み立てで長期的に持つこと。

この分散投資は運用を考える上で重要なキーワードとなります。



「投資信託」って結局何?

「投資信託」はこの中の、資産の分散に当たります。では、どのような仕組みになっているのか。

まず、皆さんが投資信託の商品を買ったとします。そのお金は、同じように商品を買った投資家(皆さん)から、一つにまとめられます。

その資金を元手に、商品の種類・特徴に合わせ、ファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロが指示を出し、株や債権など様々なモノに投資を行います。

プロが運用して得た利益が、投資額に応じて、投資家に分配されるという仕組みになっています。

 イメージで捉えてください。例えば、日本を応援したい、またはこれからの日本の株価に期待を持てるとします。

一人で無数にある日本の株の中から選ぶのは大変ですよね。しかもお金もかなりかかる。

そこで日経平均株価に連動するというパッケージ化された商品(投資信託)を少ない金額で買います。

すると一つ一つは小さくてもその小さな箱を積み上げると大きな塊になりますよね?それをファンドマネージャーが運用してくれるって事です。

「投資信託」の魅力とは「自分の応援したい」または「買いたい分野の商品」を少ない金額で買うことができるという点にあります。



手数料

補足になりますが大事なところですので追加で説明します。

手数料ですが、購入時、解約時の手数料が挙げられます。

他に持っているだけでかかる費用として信託報酬が挙げられます。信託報酬とは、厳密には手数料ではないのですが、ここでは手数料というイメージで大丈夫です。

できればこの手数料が抑えられた商品を選ぶことも投資信託を選ぶ際には重要になってきます。

DMM FXは初心者向け

まとめ

最後に今回のポイントをまとめます。

  • 投資信託は既に分散されている
  • 少ない金額で誰でも始められる
  • テーマに沿って投資のプロが運用してくれる
  • 手数料は低いものを選ぶ

ということでした。

「投資信託」は運用をする上で「初心者の方」に特に有効な手段だと思います。

分散投資をする上でも使える運用方法ですが、ご自身の判断でしっかりとすることが一番大事ですので、いろいろな主観的な情報に惑わされずに、行ってください。

YouTubeに今回の記事の動画をアップしていますので是非ご覧ください!

チャンネル登録もよろしくお願いします!