資産運用

【初心者】元銀行員が考える資産運用でやってはいけないこと3選

始めに

現代に生きる我々、特に若い世代の人々は年金に頼れない世代です。じゃあ、将来のお金どうするの?年金は頼れない、退職金だけで足りるのか、今から始めた貯蓄で大丈夫?そんな疑問を持っている人も少なくないでしょう?じゃあ、どうするの?

そうです、資産運用をしなければならないんです。私自身は元銀行員でしたが、銀行員時代には資産運用の営業を担当していました。実際に100名近いお客さまを担当していて、新規のお客さまで言うと毎月20名以上のお客さまを担当していました。



お客さまの悩みとしてはセカンドライフのお金はどうしようか。資産運用をしなければいけないのはわかっているけどじゃあどうすれば良いの?など多種多様です。

そこで今回は、資産運用をする上で絶対にやってはいけない事3選についてお話ししていきます。

この記事を最後まで読めば資産運用を始めるにあたってやってはいけないことがわかるでしょう。逆に言うと今から紹介することをやってしまうと失敗するリスクが大幅に増えます

それではいきましょう。



短期で考える

 資産運用は長期で考えるのが基本です。

短期的に1日2日や一週間1ヶ月と言う短いスパンで考えてはいけません。そもそも運用は良い時もあれば悪い時もあるものです。ですのでもちろん気持ちはわかるんですが多少の上がり下がりで一喜一憂してはいけません



営業マンの言葉を信じ切る

 営業マンも人間です。営業マンにも金融商品が上がるかどうかはわからないものです。ちなみにYouTuberも同じです。YouTuberが言っていたからと言ってなんでも信じないようにしましょう

 また、営業マンの中には自分の成績のみ考えている営業マンもいるので、そう言う人には注意が必要です。営業マンは膨大な目標を課せられていることが大半です。そうするとお客さま本意ではなく、自分本意で営業する人もいるんです。



無理をして行う

 資産運用は無理のない範囲で行ってください。例えば私が働いていたところでは、運用初心者は総金融資産の30%で経験者は50%という基準がありました。つまり余裕資産で行うことで何があっても対応できるようにしましょうということです。

まとめ

資産運用は必須の時代になっています。しかし、いざ始めようと思ってもどうしたら良いかわからない。そう言う人は多いと思います。今回は誰にでも当てはまる、やってはいけない事を簡単に紹介させていただきました。ですが今後は若い人が陥りがちな罠などご紹介させていただければと思います。

 YouTubeもチャンネル登録よろしくお願いします!