資産運用

【元銀行員が解説】つみたてNISAとは

背景

 資産運用について色々と話題になっている世の中です。資産運用が身近な問題となっています。

私自身は銀行で働いていて、資産運用の相談を様々な方に行っていました。

今回は初心者の方でもわかるつみたてNISAについて解説させていただきます。

つみたてNISAとNISA

 そもそもNISAとは非課税で運用ができるということです。NISAは年間120万円まで5年間運用できるよって制度です。それに対してつみたてNISAは年間で40万円までを最長で20年間運用できるよって制度です。

 では、ここからつみたてNISAについてみていきましょう。

つみたてNISA

まずつみたてNISAの投資対象は投資信託のみです。この投資信託は金融庁の審査を通ったものもみですので、基本的にはリスクが低いものと考えてください。手数料は購入時、解約時も0です。ただ、持っているだけでかかる信託報酬はかかるのでそこはご注意ください。ただ、この信託報酬もかなり低いものとなっています。

つみたてNISAはNISAと違い、ロールオーバーと言って20年経ってからも次の年に繰り越しはできません。

また、NISA制度と同じですが一度使った枠の再利用はできません。例えば、1年のうちに20万円の枠で運用していたものを一度売却したとします。その後にもう一度その年のうちに40万円運用はできないと言うことです。つまり1年のうちの残りで運用できるのは20万円までと言うことです。

スタンス

 積立NISAは読んで字の如く、定期的に決まった金額を積み立てるものです。

 基本的につみたてNISAは長期的に保有するものとお考えください。2年や3年、1日2日、一週間とかで結果を求めるものではありません。基本的には20年間の運用期間を持つと考えてください。ただ、解約して資金化することはいつでもできます。また、積み立てNISAは小額から始めることができるので初めて運用をされる方には適していると思います。また、再三書いていますが、長期分散です。そのため若い方でこれから資産運用を考えている方に向いていると考えられます。

 なぜ長期的に有利なのかはドルコスト平均法を使っているからです。このドルコスト平均法に関してはYouTubeにて解説させていただいています。

 つみたてNISAは、後からNISAに移行することもできます。ただ、一人1口座までですのでそこはご注意ください。そのため金融機関はしっかりと選びましょう。ですが、金融機関の移管もできますので、もし今作ってしまったけど金融機関を変えたい方や今NISA口座を持っているけど使ってない、と言う方がいらっしゃったら是非一度金融機関にご相談に行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

 つみたてNISAは若い方向け、初心者向けとご紹介させていただきました。まず資産運用で始める方で積立NISAからと言う方は多いです。実際に、銀行員時代にはつみたてNISAの相談で多かったのは若い方が中心でした。もちろん若い方だけではなく、どんな年代の方でも始めることは可能です。人生100年時代に向けて少しでもお力になればと思います。